新築一戸建ての購入をする【快適健やかMYホームづくり】

real estate

住宅の建築

人の失敗から学ぶことも大切

注文住宅を建設する人のほとんどの人にとって住宅を建築する経験というのは初めての経験で住宅が完成してそこで生活してみるとああすればよかったこうすればよかったという後悔があるものです。 満足のいく住宅を建築するには3度の経験が必要などといわれることもありますが人生で3度も住宅建築ができる人はほとんどいないでしょう。多くの人は人生で一度きりの経験です。その一度で失敗しない住宅を建築しなければならないのです。 まず、失敗しないために注文住宅を建築した他の人がどのような点に関して後悔しているのかを知ることです。もちろんすべて自分たちに当てはまるわけではないのですが知識として知っておくだけで役に立つこともあるのです。

注文住宅建築の後悔で多い電気配線

電気配線で失敗を感じる人も多いです。もっとコンセントを増やしておけばよかった、インターネットの配線計画をしっかり立てればよかったというものです。中でもコンセントをここにもつけておけばよかったという後悔が多いです。特にキッチン回りです。カップボードや食器棚にコンセントがついている場合もありますがこうしたコンセントだけでは足らなくなり結局使うたびにコンセントを差し換えて使うというケースが多いのです。更に電子レンジなど電力の大きいものは単独回路にすることでブレーカーが落ちるのを防ぐことができます。更にシンクそばなど調理スペースにもコンセントがあるとミキサーやフードプロセッサーをかける際に役に立ちます。 コンセントを追加するにも当然費用が掛かるので予算との兼ね合いもありますがコンセントを好きなところに増設できるというのは注文住宅ならではの特典です。もし仮に工事が完成してから増設するとなると工事中の金額では工事はできないので迷ったら増設することをお勧めします。